ちょっとした異変から導き出す病魔!甲状腺の病気は珍しくない病気

胆管に発生する癌

医者

肝臓の胆管に発生したがんを「胆管がん」と言います。肝臓内の胆管にがんが発生した場合は「肝内胆管がん」と、肝臓の外の胆管のがんは「肝外胆管がん」と区別することもあります。胆管がんは若い人の発症は稀であり、60歳以上の高齢者に多く見られる病気です。そして女性よりも男性の発症が多く、年々発症者が増加しているのも特徴です。胆管がんは手術が大変困難な上に、再発するケースも少なくありません。さらには抗がん剤での治療も効きにくいという特性を持っており、完治がとても困難な癌とされています。胆管に癌ができる原因に、肉や脂物などの高カロリー食の摂り過ぎが挙げられます。肥満の人が発症しやすい癌とされており、野菜や果物、魚を中心とした食生活に改善することが発症の大きな予防となります。

胆管がんは早期発見が比較的容易である癌です。初期症状として「黄疸」がほぼ確実に現れるからです。黄疸以外にも上腹部の痛みや、体重の減少などが胆管がんの初期症状とされています。これらの症状が見られたらすぐに内科を受診しましょう。内科での胆管がんの治療は、外科手術、放射線治療、化学療法が主体となります。胆管がんの外科手術は医師にとって大変難しい手術な上に、肝臓の大きな切除や膵臓の切除も行う必要があったりと、患者への負担も大きな手術とされています。さらには手術後に再発する可能性も高い為に、外科手術後に放射線治療、または抗がん剤による化学療法を併用するのが一般的です。手術後に癌が再発した場合の治療は、化学療法が中心となります。